FC2ブログ
The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
連合「平和行動inオキナワ」に参加しました。
2007-06-26 Tue 10:25
連合は、6月23日の「沖縄慰霊の日」にあわせて、23、24日に沖縄県下で平和行動を実施し、全国からおよそ2000名の組合員が集り、スズキ労連からは古川事務局長が参加しました。
23日には、「2007平和オキナワ集会」が那覇市内で開催されました。
参加者全員で沖縄戦戦没者への黙祷を行った後、あいさつに立った連合・古賀事務局長は、「平和の尊さを、あらためて心に刻むためにも、沖縄戦を風化させてはならない」と述べた上で、沖縄国際大学への米軍ヘリ墜落事故での軍の対応、日米地位協定の見直し、普天間基地撤去の問題について指摘しました。また5月に成立した米軍再編法について、「地位協定の検討が行われず、再編経費も不明確なまま成立したのは遺憾だ」と批判。最後に、「連合は、米軍基地の整理・縮小と地位協定の見直しを、引き続き求めていく。みなさんも、この平和行動で学んだことを、家族・職場・地域に伝えてほしい」と呼びかけました。
24日は、ぴーす・フィールドワークが行われました。連合沖縄青年委員会・女性委員会メンバーからなる「ピースガイド」の案内で、嘉手納や普天間などの基地、ひめゆり資料館や糸数壕などの戦跡、平和記念公園などを、1日かけてめぐりました。
同日夕刻からは、米軍基地の整理・縮小と日米地位協定の抜本的見直しを求め、那覇のメインストリート「国際通り」沿いの牧志公園で集会を開催。その後、沖縄県庁まで、国際通りをデモ行進し、2日にわたる沖縄平和行動を締めくくりました。
なお連合の平和行動は、8月の広島、長崎へと引き継がれていき、スズキ労連も積極的に参加していきます。

連合平和オキナワ集会
2007年連合平和オキナワ集会。 
2000名規模の集会となり、人は会場からもあふれんばかりであった。

平和式典の様子
平和式典では沖縄色を出しながら、様様な工夫を凝らし平和の重要性を訴えられた。

自動車総連 平和集会参加の面々
自動車総連 平和集会参加の面々
左から 部品労連 土井さん
日産労連 橋村さん
全トヨタ 安本さん
自動車総連 山田さん
古川事務局長
ヤマハ労連 中野さん

平和公園の展望台より
普天間を見下ろすことのできる平和公園の展望台より。

普天間基地
米軍普天間基地が普天間の町を分断している。

ひめゆりの平和記念資料館
ひめゆりの平和記念資料館を訪問しその悲惨さを再認識する。

糸数アブチラガマ
一般住民が犠牲になった糸数アブチラガマ。
全長270mの壕内中に負傷兵が600名収容されていた。

ガマに入る
”ガマ”とは窪みや洞窟を示す沖縄の方言、中に入るにはこのようにヘルメットと懐中電灯が貸し出される。実際ないと中は歩けない。

スズキ自販沖縄オルグ
スズキ自販沖縄に訪問し、スズキ労連の活動を報告。
左から
スズキ自販沖縄   嘉手苅 浩二係長
スズキ自販沖縄   上原 邦義 常務
スズキ自販沖縄   小林 武夫 社長
古川事務局長

ハイビスカスのネオン
自販沖縄の社屋には、夜にネオンとなる大きなハイビスカスの花がありました。これは目立ちます!

沖縄の海
沖縄の青い海は車窓からのみでした 次回はプライベートでぜひ来て見たいものです。
スポンサーサイト
別窓 | 行事
| スズキ労連の活動状況 | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。