FC2ブログ
The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
連合平和行動in沖縄に参加。
2008-06-25 Wed 09:29
連合は、6月23日の「沖縄慰霊の日」にあわせて、23、24日に沖縄県下で平和行動を実施し、全国からおよそ1600名の組合員が集りました。今年、スズキ労連からは光田事務局次長が参加しました。
23日の平和式典で主催者を代表してあいさつした連合・高木剛会長は、「戦後63年がたち、世界中で未だに紛争が絶えないが、平和の尊さ、大切さを深く心に刻み、世界平和のためにも、沖縄戦の惨劇を決して忘れてはいけない。この問題は、米軍基地がある所だけの問題ではなく、他の地域の人々も、世論形成のために運動に参加してほしい。相手国であるアメリカの労働組合(AFL-CIO)にも、米軍基地問題について理解してもらうため、定期協議でも議題に取り上げたい。」と強調しました。また、連合沖縄の仲村信正会長は、日米地位協定の抜本的見直しや米軍基地の整理・縮小について、引き続き取り組みを強化する決意を述べました。連合北海道の三浦正道副会長と連合沖縄・沖教組の宮城淳さんの平和メッセージの後、連合沖縄の仲村会長より、次の平和行動の地、連合広島へピースフラッグが手渡され、沖縄からの平和アピールが採択されました。
24日のぴーすフィールドワークでは激戦を極めた南部戦線の各戦跡、また移設問題で揺れる普天間基地を1日かけてめぐり、沖縄戦の悲劇、そして今現在においても沖縄を悩ませる米軍基地問題について学びました。夕刻からは在日米軍基地の整理縮小、日米地位協定の抜本見直しを求めて集会を実施。その後、観光客で賑う、国際通りでデモ行進を行い、平和行動を締めくくりました。
大事なことはこの平和行動で学んだことをどのようにして労連の仲間に伝えていくかだと思います。今後も連合の平和行動は広島・長崎・根室と続き、労連からも積極的に参加する予定ですが、その都度、学んだことを機関誌等でお伝えして、平和を求める声を広げていこうと考えています。
2008平和オキナワ集会
2008平和オキナワ集会で挨拶をする連合・高木会長。
アブチラガマ
ぴーすフィールドワークでは南部戦線の戦跡を巡った。写真は”アブチラガマ”と呼ばれる壕に入る参加者の様子。壕の中は真っ暗闇でここに1000名以上の負傷兵と住民が何ヶ月も身を潜めていたとはとても想像が出来ない。
普天間基地
移設問題で揺れる普天間基地を高台から視察。住宅密集地にポッカリと基地がある様子は異様であった。
デモ行進
国際通りのデモ行進には約900名が参加。米軍基地の整理縮小や日米地位協定の抜本見直しを訴えた。
スポンサーサイト
別窓 | 行事
| スズキ労連の活動状況 | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。